1. 大相撲 峰崎部屋
  2.  > 
  3. 行事・イベント
  4.  > 
  5. 平成12年2月11日上澤 断髪式

峰崎部屋 平成12年2月11日上澤 断髪式

平成12年2月11日、上澤の引退断髪式が行われました。
入門以来12年厳しい稽古に耐え、精進してきた上澤ですが、目の怪我もあり平成12年1月場所をもって引退いたしました。
2月11日断髪式が行われました。
今後は昼は仕事、夜は整体師を目指し学校の授業と忙しい生活を送ります。
長い間応援して下さり、ありがとうございました。

→『上澤 秀文』現役時代の記録はこちら
→『上澤 秀文』さんは、現在整体師として活躍されています。インタビュー記事はこちら

大銀杏を結って部屋の前で記念撮影、緊張した面もちです。

親友のKenkenと

激しい稽古を毎日した土俵で断髪式が行われます。

力士達も入場しいよいよ断髪式が始まります

大変お世話になった、京都の北村様を始め大勢の方が鋏を入れました

ちびっ子相撲で稽古を付けて貰った、親方の次男も感謝の気持ちを込めて鋏を入れます

柳原

扇竜

部屋創設以来、一緒に稽古した坂口

こちらも創設以来、寝食を共にし苦労を分かち合った峰桜

父親の上澤様も八戸からお見えになりました

最後は親方が留め鋏を入れます。
会場からは溜め息がもれ、上澤は感極まって涙がにじみます。

切り落とされたばかりの髷

髪を整え、背広姿もなかなか似合う上澤

花束を頂きいつもの明るい表情がもどった上澤、この後会場の皆様に挨拶をし、これからの決意を語りました。